個人再生を東京の弁護士に頼む前に!優良な弁護士の選び方は?

個人再生はメリットだけじゃない!

 

住宅ローンの返済が困難になってきたら……個人再生を行うことで、
生活を立て直すというメリットがあります。

 

 

そして、個人再生の大きなメリットは住宅を手放さなくてすむことなんです!

 

 

借金の返済ができなくなって、自己破産してしまうと住宅を手放すことになります。
また、住宅だけでなく他の財産も手放さなくてはいけません。

 

自己破産の場合、借金がなくなりますが自分の財産もなくなることになります。
そんなことになる前に、弁護士や専門家に相談してみることをおススメします。

 

 

 

個人再生は、借金総額を5分の1に減額します。
そして、減額された借金を3年ぐらいで返済していきます。

 

月々の住宅ローンの返済額が減ることで、苦しかった生活からぬけだすことができますよね。

 

 

 

しかし、個人再生はメリットだけでなくデメリットもあります。
減額されたとはいえ、月々の返済は変わりません。

 

個人再生を行うためには、収入が安定されていなければいけません。
もし、収入が不安定なら個人再生は難しくなるので、他の債務整理になるかもしれません。

 

 

弁護士や専門家にアドバイスしてもらい、メリットのある方法で債務整理するといいですね。

 

事務所によっては、借金問題の無料相談がありますよ!

 

 

 

個人再生の流れは?

 

失業や病気などで借金の返済が困難になってきたら、個人再生を考えてみるといいですね。

 

個人再生は保証人は別として、家族に迷惑がかかることはありません。

 

 

しかし、個人再生をしたことが情報として登録されてしまうので、
ブラックリストに載ることになります。

 

ブラックリストに載ると、クレジットカードは作れませんし、ローンを組むことも
難しくなってきます。

 

つまり、買い物は現金払いということになります。

 

 

個人再生にはリスクもありますが、借金が減額されるので生活が楽になります。

 

 

個人再生って、どうしたらいいのでしょうか?
個人再生の流れが知りたいですよね。

 

 

「個人再生の流れ」

 

・弁護士や司法書士に依頼すると、金融業者などに通知書を送ってくれます。
 これにより取りたてが無くなります。
・弁護士や司法書士は書類を作り、裁判所に手続きをします。
・裁判所に手続きをして、だいたい二週間ぐらいで個人再生委員と話し合いをします。
 この話し合いには、弁護士や司法書士がほとんど答えます。
・債権額が決定される前なら異議申し立てできます。
・債務総額が決まる。
・必要書類を出す。
・裁判所が認可するかどうかを決めます。

 

 

個人再生の流れはこのような感じで難しそうですが、弁護士などに聞いておくといいですね。