個人再生すると給与差押されない!

 

借金問題で悩んだら、個人再生の手続きしてはどうでしょうか。

 

 

個人再生するためには、裁判所に申し出る必要があります。

 

そして、裁判所が認可すると借金総額を五分の一にして、その借金を3年から5年で
返済していきます。

 

個人再生は、家を手放さす借金を減額できる債務整理の方法です。

 

また、個人再生することで月々の返済額が少なくなることや債権者から給与差押や
家財の差押などができなくなります。

 

 

なんらかの事情で借金の返済が困難になってきたら、専門家などに相談することで、
給与差押や家財の差押などされないようにしたいですね。

 

 

 

しかし、個人再生すると、だいたい5年〜10年ほどはブラックリストに
載ることになります。

 

この間は、ローンを組んだりクレジットカードは作れません。

 

また、個人再生できるのは継続して収入がある必要があります。

 

家を手放さず借金を減額できる個人再生ですが、条件があるということです。

 

 

 

借金を滞納すると督促されますし、なにより家財や給与差押があると
大変なことになります。

 

最近では、借金問題のことを無料で相談できるところもあります。
大変なことになる前に相談することです。

 

債務整理は、個人再生だけではないので自分にあった方法をアドバイスでして
くれると思います。