個人再生には積立と家計収入表が必要

 

債務整理には色いろな方法がありますが、裁判所に申し出る個人再生は自己破産とは違って、
財産を失うことがない方法なんです。

 

個人再生は、原則的に借金を五分の一に減らされます。

 

そして、減らされた借金を3年ほどで返していきます。

 

 

個人再生というと、家族に影響が出るのではないかと心配になってきますが、
保証人以外には影響はありません。

 

 

しかし、情報が登録されることでブラックリストに載ることになります。

 

個人再生後、だいたい5年ぐらいは新しくローンを組んだり、クレジットカードは
作れないことになります。

 

 

個人再生にもメリットとデメリットがあることを忘れてはいけません。

 

 

 

まず、個人再生を考えたら弁護士や専門家に相談しましょう。

 

依頼することで、業者などからの取りたてが止まります。

 

そして、個人再生の手続きから数ヶ月の間に家計収入表をつけていきます。

 

次に通帳に積立をしていきます。

 

この積立は一定の額にしますが、「家計収入表」と「積立」の通帳は裁判所に出す大切なものです。

 

これは個人再生のための判断に使われます。

 

 

 

個人再生するためには、安定した収入と計画性があるのかが重要になってくるので、
毎月の収入があることや積立を出す必要があります。