個人再生の着手金とは?

 

苦しい生活が続くのは、借金を抱えていることが原因ようです。

 

借金といっても、ギャンブルだけではありません。

 

住宅ローンや自動車ローンも借金になりますよね。

 

しかし、ほとんどの人は計画をたてて借金をしていると思いますが、
何かの事情で返済困難になることもあります。

 

 

 

無理な生活を続けるより、債務整理をしてはいかがでしょうか。

 

債務整理の中でも個人再生なら、返済総額を減らすことができます。

 

 

個人再生は、借金総額を5分の1に減額します。

 

そして、原則3年ほどで返済していきます。

 

個人再生は、裁判所に返済の計画が認定されれば減額できますが、収入の安定が
条件になってきます。

 

 

個人再生は自己破産とは違い、自分の財産を無くすこともないので、
どうすることもできなくなる前に弁護士などに相談してみるといいです。

 

 

そうなると、弁護士の費用が心配になってくると思います。

 

 

弁護士には、「着手金」「報酬金」「実費」「日当」の費用があります。

 

この中で、着手金は必ず必要な費用です。

 

着手金は弁護士に依頼することで発生します。

 

もし、個人再生ができなかったとしても着手金は発生する費用です。

 

 

報酬金は、個人再生ができた場合に発生する費用です。

 

他に実費は交通費など、日当は出張費になります。