個人再生に必要な予納金などの費用

 

明日のことは誰にも分かりません。
もしものときに知っておく方がいいことがあります。

 

 

失業・給料の減額・病気などが原因で借金の返済が苦しくなってくると、
個人再生をしたいと考えると思います。

 

しかし、個人再生にかかる費用が気になってきますよね。
いったいどれ位の費用がかかるのか知っておきたいですね。

 

 

まず、個人再生を申し立てすることで、
手数料として「収入印紙一万円」と「予納金一万二千円」ほどが必要になります。

 

 

そして、裁判所によりますが、個人再生委員の報酬「二十万円」ほど必要になることがあります。

 

この個人再生委員については裁判所によって異なるので、問い合わせしておくといいです。

 

 

 

他には、弁護士に依頼すれば「三十万円〜」ほど必要ですし、司法書士なら
「二十万円〜」ほどになります。

 

金額が大きいので、事前に問い合わせておくのがいいですね。
また、分割払いができるかも忘れないようにしましょう。

 

 

 

「予納金について」

 

個人再生を申し立ててから認可されるまでに、裁判所に決められた口座に
定まった金額を積み立てます。

 

これを分割予納金制度といいます。

 

この積み立てた予納金は、個人再生委員などの報酬や未払い金などがある場合に引かれますが、
残りは返してもらえます。