個人再生後、ローンは組めない

 

積もり積もった借金で生活が苦しくなってきたら、個人再生を考えてみてはどうでしょうか。

 

金融業者の借金や住宅ローンなど、人によって様々な借金があります。

 

遊びでの借金や失業などが原因で住宅ローンの返済ができなくなって
借金をする場合もあります。

 

 

なんとかしようと借金が複数になることもあるので、早めに専門家に
相談することをお勧めします。

 

 

 

個人再生とは、借金総額を五分の一にして返済する方法ですが、期間は3年〜5年になります。

 

この個人再生は、裁判所に申し出て認可されなければいけません。

 

 

個人再生には条件もありますが、自己破産のような住宅を失うことがありません。

 

また、保証人でないなら個人再生後も家族に影響を与えることもありません。

 

個人再生後、債権者から家財や給料などの差し押さえがなくなります。

 

 

 

このようにメリットが多い個人再生ですが、ブラックリストに載ることになりますし、
個人再生後に借金がなくなるのではないので返済しなければいけません。

 

つまり、継続的な収入が必要ということなんです!

 

ブラックリストに載ることで、ローンを組んだりクレジットカードなどは作れません。

 

 

個人再生後には「デメリット」もあるので、よく考えましょう。

 

一押しサイト

 

クレジットカード 延滞