個人再生すると口座凍結される?

 

借金を抱えて、どうすることもできなくなった場合は債務整理をしようと思いますよね。

 

しかし、債務整理には種類がありますし条件もあるので、すべての人が
利用できるとは限りません。

 

 

債務整理の中には個人再生という方法があるのですが、借金の減額ができるので
月々の返済が苦しい人に向いているかもしれません。

 

この個人再生は借金総額を五分の一に減額しますが、財産を手放すことはありません。

 

もし、自己破産したなら財産を手放すことになるので、まず個人再生の
手続きをしてみるといいですね。

 

 

個人再生を進めるためには裁判所に申し出る必要があるので、弁護士に
依頼する方がいいです。

 

 

このように個人再生すれば、借金の減額ができるので大きなメリットになりますが、
デメリットもあるので、内容を理解してから進めましょう。

 

 

「個人再生のデメリット」

 

・信用情報に載るので、クレジットカードを使うことや新しくローンを組むことが
 困難になります。

 

・銀行から借りているなら口座凍結されるので、個人再生をする前にお金を出しておくことです。

 

 口座凍結されるのは、預金残高を借入れにあてる為ですが、生活が苦しいうえに口座凍結
 されると大変なので忘れないように!

 

どの債務整理をするにせよ弁護士に相談してみましょう。

 

 

一押しサイト

 

キャッシング 踏み倒し