返済額を減らして個人再生する

 

借金の返済で悩んでいる人もいると思います。

 

給料の減額など、原因はさまざまのようですが、生活が苦しくなっているなら、
個人再生をしてみてはどうでしょうか?

 

個人再生は聞きなれない言葉かもしれませんが、自己破産とは違います。

 

 

 

よく債務整理するというと、自己破産と思う人が多いようですが、「個人再生」
「任意整理」「自己破産」などの種類があるんです。

 

この中から、その人にあった方法で債務整理していきます。

 

 

 

個人再生の場合は、借金をゼロにするのではありません。

 

借金の総額を減額する方法になり、返済額を減らします。

 

今まで、借金の返済ができていた人が給料の減額などで、返済できなくなってしまった場合に、
個人再生によって返済額が減ることで返済可能になります。

 

返済額が減ることで生活も楽になってきますが、個人再生は裁判所に申し立てする
必要があります。

 

つまり、裁判所に認められなければできません。

 

 

メリットの多い個人再生ですが、認められるためには返済に計画性のあることや
債権者の合意です。

 

収入が安定して返済ができることが一番です。

 

ただ、債権者が反対した場合は個人再生ができなくなりますが、ほとんどの債権者は
返済額を減らしても破産されるよりはマシと考えるようです。

 

 

おすすめサイト

 

借金 時効 確認